バックナンバー

学校の基礎情報

新着情報

各学校にある規定内容

新たな学校の種類の出現

  • トップ

学校制度の変化とその目的

子供達にとって学校が果たす役割とは、一体何でしょうか。勿論勉強を学ぶという事は最も重要な事ですが、そのことと同様に重要なのは子供達の人格形成の場であるという事です。子供達が成長し社会に出た際、仮にいくら勉強が出来たとしても、社会性が身に付いておらず他者との共存がうまく出来なければ、その後の人生はとても厳しいものになるでしょう。そのため学校は社会に出る前に他者との関わり合い方を学ぶ貴重な場所なのです。そこにはどの様な制度があり、種類があるのでしょうか。種類は主に幼稚園、小学校、中学校、高校、大学などに分類され、それぞれ法律に従い制度化されています。これらは今までもとても馴染み深いものですが、近年注目を浴びている新しい種類があります。小中一貫の義務教育校です。法改正により制度が変わり、全国各地に新たに小中一貫校が新設されていっています。小中一貫校になることで、小中それぞれの教員同士の連携も取りやすくなります。子供達がスムーズに進学できる手助けをより行いやすくなったと言えるでしょう。このように、学校は子供達をよりよく導くために日々進化していっています。今後もどんどん新たな制度が出来て変わっていくかもしれませんが、その根底にあるのは子供達によりよく学んで欲しい、社会に出て生きていくための社会性、人間性を養って欲しいという願いなのです。

↑PAGE TOP